あなたをちょっと幸せにするサイト

ちょっとまって、それ「クソバイス」では?!育児に関するアドバイスに注意!

¥1,080 (2019/10/15 12:30:35時点 Amazon調べ-詳細)

犬山紙子先生(@inuningen)による著書、言ってはいけないクソバイスが出版されてしばらくたつが、

この言葉のインパクトのでかさにびっくりする。

その名も「クソバイス」!!!

クソバイスとは?

クソバイスとは、求められてもいないのに、アドバイスすることで気持ちよくなりたい人が、他人に持論を押し付ける、まさにクソみたいなアドバイスのこと。

クソバイスとは?

 

全然事情知らない人に
「もっと仕事のやり方変えたら?」とか
「貯金してる?もっと節約しなよ?」とか
これ、子育てしてると本当いろんな方から「可愛いね」といって頂く機会が多いのですが
その中には「二人目も頑張らなきゃね」
なんて聞いてもいないのに一方的なアドバイスをしてくる方っているんですよね汗
これがクソバイスかなと。

twitterの声

https://twitter.com/smile_777s/status/1085507529218506753

厄介なのは相手は良かれと思ってアドバイスをしている

こちらが求めていないアドバイス(マウンティング)を気持ちよくしゃべった上感謝を求められる。

これがクソバイスです。

育児ママがクソバイスを受けやすい理由

子供が幼くて可愛らしいので見知らぬ人が声をかけやすい

ちょろちょろしてる子供がいると「あらーかわいいわねー」などと気軽に声がかけられやすい。

子供という存在がクソバイスを言いやすい環境をつくってしまう。

ママ友との接触によりマウンティングされやすい

クソバイスママはコンプレックスを抱えているのでストレスのはけ口を探しています。

ちょうどいいところに通りかかってしまうとクソバイスママの餌食になってしまいます。

クソバイスの対処法

可能であればクソバイスは全て聞き流し、SNSで愚痴る。

おそらくたくさんのいいねがつくと思います。

気が短いと言い返しそうになってしまうこともあると思いますが、無視するのが大人の対応です。

クソバイスを言いそうになったら

アドバイスは「教えて」と相手に言われたときに初めて成立するものです。

仕事以外で頼まれてもいないのにアドバイスをすることは後々厄介なことになるかもしれません。

良かれと思って言いたい気持ちはわかりますが、

その人だってできるなら(やりたいなら)すでにやっています。

できない(やりたくない)からできてないのです

事情を察し暖かく見守ってあげましょう。

クソバイスは育児ママには避けて通れない道

やはり幼い子供はかわいいのでみんな興味津々で近づいてきやすい為、

その分クソバイスを頂く確率もぐんと高くなります。

クソバイスで辟易しないように、

 

見知らぬ方のクソバイスは相手にしない、

クソバイスママからは距離を置く、のが賢明ですね。

 

¥1,080 (2019/10/15 12:30:35時点 Amazon調べ-詳細)