あなたをちょっと幸せにするサイト

イラストアプリGraphic for iPadの使い方

ipadのイラストアプリはたくさんありますが、Graphicのipad版、Graphic for iPadはわたしもロゴを作るのに大活躍しているアプリです。

ではGraphic for iPadについて見ていきましょう。

Graphic for iPadとは?

Graphicのipad版です。

Graphic for iPad(旧名idraw)はベジェ曲線、スムージング機能が使えて、ベクター形式の綺麗な線が描けるためロゴ、アイコンなどクオリティ高い作品がつくれます。

有料のアプリではありますが、月々支払いではなく1回買い切り1080円でずっと使えるので長い目で見ればコスパは抜群です。

ここが難点、無料お試しがない!

一回買い切り1080円といえど、どんな機能があるのか気になると思います。

失敗して使えなかったら嫌ですし。

そのためにも少しでもご参考になるように情報を公開していこうと思います。

ここが難点、日本語のマニュアルがない!

オーアイアムジャパニーズ。

日本語じゃないと使い方分かりません!

公式のマニュアルはこちらにあるのですが全て英語です。

参考 Graphic for iPad 公式マニュアルGraphic

そこで日本語版がないなら作ってしまえとまとめてみました。

購入された方も、迷っている方もご参考になればと思います。

 

せっかくApplepencilを購入してお絵描きアプリを探している方、たくさんイラストを描いていきたい方、

こういう使い方も出来るんだ!とわかって頂けたら嬉しいですー!

 

Graphic for iPadの新規作成の仕方

では、早速Graphic for iPadでイラストを描いていきましょう!
Graphic for iPadアプリを起動すると下のような画面になると思います。ここで

左上のプラスをクリックします。

ここではイラストを描いていくので左上のblankをクリック!

新しいページが作成されるとこの様な画面になるはずです。

右上の設定マークをクリック!

するとこんな窓が表示されます。
ここでは様々な設定が行えます。

ここで画像のサイズ、width(幅)height(高さ)を設定していきます!

この作業は最後でもいじれますのでいつでも大丈夫ですけど画像のサイズはかなり重要なところなので一番最初にご紹介させて頂きました!

ここから新しく絵を描いて行きます!

 

 

 

apple pencil(アップルペンシル)の充電器、コスパがいいのはこれだ!